こどもと一緒に ひろがる暮らし
ものづくりと 暮らしをつくる 日々の日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
9.11

お盆を過ぎて、また暑い日が続いていますね。
一体いつまで続くのか、暑さと、虫の襲撃。
晴れた日にはアブが、雨の後には蚊が!刺す虫は嫌ですね〜。。。

さてさて、久々の出店のお知らせです。
BE-IN TOKYO にて出店参加します。
9.11 sat 明治公園 11:00am--------9:00pm。

BE-INでの出店・・・。
ダンナはT-シャツを。
私は何が出来るだろう・・・と悩んだ末、”あぶちゃん”をてんこ盛り作ることにしました。
そもそも、BE-INの参加は、”てのひらまつり”が縁。
てのひらまつりはこどもが主役で遊べるお祭りを・という想いではじまった企画。
ならば、と自分の子用に作っていたあぶちゃんを、”誰か”の為につくり始めたきっかけでした。

あぶちゃんは作っていて楽しいのです。
作っている間、ずっと、頭の中に、あぶちゃんをしたあかちゃんがいっぱい浮かんで。

ちいさなものだけれど、たのしいものを。
あかちゃんはわらいかけられると、うれしいんだって。
おかあさんも、うれしいきもちでつかえるものを。
抱き上げた時、ふっと笑みがこぼれるような、こころにやさしいものを。

わたしがつくるあぶちゃんは首のうしろで結わえるタイプの昔ながらのあぶちゃん。
ひとりひとりに合わせて調節できるので長く使えます。
寝付いたら、そっとはずしてあげられます。
「懐かしー!」とよく言われるけれど、実際、とても使い勝手が良いのです。
マジックテープもスナップボタンも良いけれど、”昔ながら”が復活する日も近いかな?

9.11
平和の為の集い

平和、と聞いて
うれしい、たのしい、きもちいい。
難しくない、こどもの言葉が、何より先に思い浮かんだ。

世界中のすべての日常に、そんな言葉が響き合う時がきますように・・。


BE-IN TOKYO2010
HP http://be-in-tokyo.net/index.html

BE-INって?

アメリカでベトナム戦争反対の声が高まっていた1967年。
「コンサートでもなく、政治集会でもなく、想いを持った人々は集まろう!」ヒッピー雑誌の編集者アラン・コーエンが、人々へ呼びかけ、3万人もの人が集まった事件が
BE-IN の始まりである。その後、BE-INは全米各地に広がりを見せ、やがて”LOVE & PEACE”を合言葉に、世界中へと伝播していった。これがBe-Inです。2001年9月11日、ニューヨークで約3000人もの人々が一瞬に犠牲となった同時多発テロ、これをキッカケに破壊には破壊の報復の連鎖が始まり、アメリカ軍をはじめとする多国籍軍のアフガン、イラクへの侵攻、多くの一般市民が傷つき続けています。
 何故?こんな事件が起こってしまったのだろう
同時多発テロの翌2002年9月11日、共に生きる世界を求める人たちによって、BE-IN実行委員会が設立され、以来、毎年9月11日に近い日曜日に、東京の明治公園で平和を求めてBe-Inは開催されています。

BE-IN は、テロと戦争の犠牲者への追悼のため、911本の花を配りながら明治通りを行進するフラワーパワーパレード、そして広島の原爆の残り火で灯したロウソクで巨大なピースマークを描き、核兵器廃絶と平和への願いを世界中へピースキャンドルセレモニーとして発信するなどしています。

作家のミヒャエル・エンデは、現代文明の現状をダーウィンの弱肉強食説を経済生活に適用させた現代資本主義制度が、環境破壊や経済格差・差別を引き起こしているとし、「大人が、子ども達に引き起こしている戦争」だと言いました。

子ども達に平和な世の中を手渡す為、世界の現実を知り、学び、共に生きる自然な世界を求めて、ARTやTALKなどの表現を通して、時代を担う者達一人一人の行動を通して、
BE-INが世の中を少しづつ変えていけるきっかけとなる場となればと願います。

創作ノート comments(0) trackbacks(0)
天日干し 
 

革のボタンたち。
張り合わせたボンドを乾かし中。
創作ノート comments(0) trackbacks(0)
糸と意図

 暑い日、寒い日。
交互にやってきますね。

気温の変化についていけず、
今週はちょっと体調を崩してしまい、前半は寝たり起きたり。
金曜あたりからやっと調子が戻ってきました。

今日はまた、昨日とはガラっと変わって気温が高くなりそうな・・・。
衣替えも中途半端なまま終わってますが、どうしよっかな、と。

さてさて、昨日は悩みまくっていたブックカバーの中布がようやく、とととと・・・・・・と決まりました。
ととととと・・・って変な表現なのですが、ホントにそんな感じなのです。

作品を作るとき、デザイン画を起こしたりする習慣の無い私は
頭の中でふっと浮かぶと、適当な布でサンプルを作ります。

で、そのまま浮かんでた時のことを書いとく。
”広い感じ、浅い感じ”とか。
後で読むと自分でも意味がわからん(笑)

今回は何が浮かぶわけでもなく、
ミシンでととととと・・・・とステッチをかけていたら、自然とこうなった。

パソコンで”糸”と打とうと思ったら”意図”に変換された。

なので、どうやら糸に意図があったようだ、とわたくし、納得したのです。



創作ノート comments(2) trackbacks(0)
<< | 2/2 |