こどもと一緒に ひろがる暮らし
ものづくりと 暮らしをつくる 日々の日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
まあるい手作り市。終了

まあるいてづくり市、終わりました。
天気も心配されましたが、当日はとても晴れていて、
会場の空気ははじまる前からすでにカラフル。
いろいろな場所に出店にいく度、その場所、集まる人によってさまざまなカラーがあるなとつくづく思うけれど、まあるい手づくり市はとにかくカラフル。
そこに集まる人も物も音も、さんさんと降りそそぐ太陽のひかりに負けない感じで、照り返していた。

「こどもはどんな色の服を着たって似合うよね。」
「そうそう。アフリカ人のように、インパクトのある柄もビビットな色もすんなり着こなして、
踊るように走るよね。」
そんな話を最近、しみじみとした思いで話していた。
こどもにパワーがあるから、どんな鮮やかな色でもあっさり自分のものにできるんだろうね、って。

”あいまいな色。あきらかな白黒。かぎりなくグレイ。
それが、目を閉じたら浮かぶ、私の中の日本のおとなの色。
・・・・そんな色を身に纏うこどもが増えたらどうしよう。
話しながら、そんな事を考えて、少しこわくなったんだっけ・・・。

色々あると、色々重なって、色々ごちゃまぜになると、色々考えたりするし。
色々思惑もあって、単色が好きになって、淡色で難を逃れて、
どんどんと染め変える道を選ぶことが多い。

だけども、歩み方によっては、いつまでも、どこまでもカラフルなままいられるもんなんだな、と思った。
そして、それはとても良いことだな、とあらためて、新鮮な発見だった。
発色の良いおとな。
変な言い方だけれも、もっと増えればいい。

まあるい手作り市。
久々の出店は課題山積だったけれど、そこに集まった人たちが織り成す
色彩豊かな一日は心に良い収穫をくれました。

見上げると、こどものような顔をしたおとなが山の上までよじ登り、大きな口をあけて笑ってた。


出店のお知らせ comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://isicamama.jugem.jp/trackback/72
<< NEW | TOP | OLD>>