こどもと一緒に ひろがる暮らし
ものづくりと 暮らしをつくる 日々の日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
夜祭り。
月曜は久々に夜祭に行ってきました。

秩父に住んで8年くらいでしょうか。
何度か夜祭りには行きましたが、花火や人の多さが印象に残っているのとともに
行く度、具合が悪くなるんじゃないかと思うほど、
歩いても歩いても、ひたすら寒くて。
寒くて寒くて、立ち止まれずにまた歩く、といった思い出があり、
妊娠中は行かず、赤ちゃん連れでは行かず、雪が降りそうなら行かず。。。
今年も夜祭りの季節、学校の話題にのぼるのか、ずいぶん前から、悠天は祭り!祭り!と騒いでいましたが、人混みと寒さの中、3人連れて歩くことを考えるとあまり気乗りせず、
カラ返事ばかりしていたら、ちょうど友人から救いの誘いが。

「メインストリートにあるゲストハウスを開放してみんなで集まるけど行かない?」と。

集まる?休める?暖をとれる?
それなら行けるかも!と前日になってようやく行くことに決め、
アラスカにでも行くのですか、というくらい着込みに着込んで行ってきました。

そして本当に最高のロケーションで、お祭りを見ることができました。
外から聞こえてくる賑やかな音につられ、二階の窓を開けると、祭りのだしが目の前に。
いつも見上げていただけに不思議な感覚。
あもるの一芸。手をヒラヒラさせてバイバイ。をだしの屋根の上に乗るお兄さんにやってみると、
ちゃんとバイバイで返してくれる距離。

冬の祭りは幼い頃を振り返っても、行った覚えがなく、秩父へと移り住んだから知った楽しみ。
寒がりの私はこの季節、どうしても重くなりがちだけれど、
寒い季節を乗り越えようという気持ちにさせてくれる祭りなんだなぁと、今回やっとそんな気持ちで祭りを見て回ることができた。
来年もこの時期になれば、祭り、祭りと、きっとこどもは騒ぐだろうから、
そうしたらまた、もこもこに着込んで、なんとか繰り出してみるか、とそんな気持ちにもなりながら、
まだまだ祭りはクライマックスに向けて盛り上がっている最中に、中心から車で30分離れた、静まり返った家へと帰りました。







日々 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://isicamama.jugem.jp/trackback/104
<< NEW | TOP | OLD>>